すまいみらい研究所 トップに戻る

DNP GLOBAL INTERIOR SEMINAR

基調講演

main_photo

写真投稿SNSから生まれるインテリアの新しい潮流

住まいとインテリアに特化した写真投稿SNS「RoomClip」。RoomClipを起点に「男前インテリア」や「塩系インテリア」など、生活者が自ら発信する新しいインテリアの潮流が生まれています。インテリアのトレンドが生まれ拡散されていく背景や、生活者に向けた効果的なプロモーション手法についてお話しいただきました。

講師:Tunnel株式会社 執行役員 川本太郎氏

1.RoomClipとは

最初に、「RoomClip」の紹介をさせていただきます。RoomClipは、実例写真を中心とした、日本最大の住まいとインテリアのアプリ/サイトですRoomClipに投稿された写真から見えてくるのは、インテリアのいろいろなトレンドです。2004年あたりからのトレンドは、ナチュラルインテリアです。

2012年になると「男前インテリア」という言葉が使われるようになりました。男前インテリアは、深い色の木、黒や鉄のような金属製のもの、青や緑のような寒色が使われているのが特徴です。男前インテリアの定義が統一されてきた2013年末頃には「男前インテリア」のタグが右肩上がりで伸びて定着しました。そして、2016年の6月ぐらいからはナチュラルインテリアが復権しています。

2.RoomClipから見られる新しいトレンドの兆し

男前インテリア以降でRoomClipで生まれたトレンドの一つが、「塩系インテリア」です。塩系インテリアは男前インテリアから派生していて、男前でカッコ良くて顔の薄い塩顔男子から生まれた言葉です。グレージュや少しグレイッシュなカラーをインテリアに取り入れる風潮とも合っていました。また、今伸びているのは、ロン・ハーマンに代表されるアメリカの西海岸をモチーフにしたインテリアです。こうした「塩系」「西海岸」とともに増加しているタグが「ねこ」です。なぜ「ねこ」がトレンドなのか、ユーザーのインタビューやコメントを解析してみると、面白いことがわかりました。猫向けのペットグッズにかわいいもの、カッコいいものがない。だからトイレやキャットタワーをDIYし、それを写真に撮って「ねこ部」「ねこインテリア」といったタグを付けて投稿していたのです。このことから、ペット向けの見せたくなるアイテムや住宅設備は、今後ヒットするのではないかと予測しています。

3.RoomClipの可能性

ファッション業界をはじめ、海外のトレンドを日本に輸入して教えたり、来年はこの色を流行らせようなどと業界の方やメディアが作るトレンドはとても力があるものだと思います。しかし、こういったトレンドとともに、じっくり観察して、見つけて、育んでいくトレンドのあり方もあるのではないか、いまこの時代だからこそ、それができるのではないかと私は思っています。

photo こちらに記載されているインテリア写真はRoomClipに投稿されている写真です。