すまいみらい研究所 DNP

  • LINEで送る
 

ホーム みんなで考えるみらいのすまい 東京大学千葉研究室 共同研究 未来のすまいとは?

近未来のライフスタイルから見る新しい住宅のカタチ

未来のすまいとは?

わたしたちは 「建具」を問い直すことを研究のテーマとし、
世界の事例や素材をリサーチし、国内調査を実施しました。
そして、それらの研究内容をふまえた建具のアイディアをご紹介しました。

より具体的に住まい方を想定することで、
さらに踏み込んだ提案ができるのではないかと考え、
今までにない新しい暮らし方を見つけようとする
人々のライフスタイルに着目し、5組のターゲットを設定しました。

1Uターンの単身の若者

社会背景
地方創生、地方の過疎化、低下したコミュニティ意識、生涯未婚率の上昇
提案の可能性
コミュニティ機能付き住宅、地域おこし協力隊の住宅、地域に開かれた集合住宅、教育を核にした住宅やまち(移住を促進する提案) など

2単身の高齢者

社会背景
単身の高齢者の増加(2030年まで一貫して増加傾向と予想)、高齢者の入居制限を行う賃貸の存在
提案の可能性
戸建住宅の多世代シェア、玄関を閉めても気配の感じられる住宅、共用部に出たくなる住宅、限界集落化する団地の再生、街区ごとリノベし街全体でシェア生活、ロボット付き住宅 など

3Iターンの若者世帯

社会背景
地方回帰、子育て移住、就職観の多様化(サテライトオフィス化など)、1次産業への意識変化
提案の可能性
まち全体で子育てするための住宅、ビジネス機能付き住宅(カフェ付き、塾付きなど) など

4多拠点生活をするDINKS

社会背景
多拠点居住、就職観の多様化(複数の仕事をもつなど)、震災による住まいのリスクヘッジ化
提案の可能性
長期滞在でない住宅、ゲストハウス的住宅、分散型居住に適した住宅、複数人で時間差シェアする住宅、パブリックとプライベートがグラデーショナルに存在する生活拠点 など

5就労を視野に入れた外国人留学生

社会背景
外国人留学生の増加(18.4万人、10年で倍増)、就労変更する留学生の増加(1.3万人、4年で倍増)
提案の可能性
国際学生寮、共用部が豊かなシェアハウス、長期滞在を視野にいれた住宅、多国籍集合住宅 など

グローバル化と同時に必要とされるローカル性の両輪が顕著な現代社会で、
たくさんの人間が都市・地方都市・田舎の間を流動し続けています。
核家族という一般的な家族形態とは異なる、
既存の世帯像やライフスタイルにおさまらない暮らし。
近未来のライフスタイルに積極的によりそうような、
新しい住宅のカタチを考えます。