すまいみらい研究所 DNP

  • LINEで送る
 

ホームすまいみらいレポート研究員ダイアリー5

REPORT すまい みらいレポート

すまいみらいレポート

研究員ダイアリーヒュッゲな国デンマーク体験記

デンマークの“住”part2

デンマークの衣食住について、現地を訪れた研究員が紹介する「研究員ダイアリー」。
第五弾となる今回は、前回に引き続きデンマークの「住」をテーマにお届けします。
住まいをより快適に彩るインテリアに込められた、〝ヒュッゲ〟とは?

研究員紹介

國東 千帆里

大学・大学院で心理学・認知科学・色彩心理学などを学ぶ。学生時代は内装の色彩が人間の心理に与える影響や、肌がきれいに見える壁紙の色彩などについて研究。日本色彩学会 2011年学会大会にて発表奨励賞を受賞。2012年大日本印刷グループに入社し、壁紙の企画デザインを担当。2016年より、DNPすまいみらい研究所に所属。マーケティングやプロモーションのワークを中心に、トレンド情報を発信するセミナーやプレゼンテーションを担当。

大きく設置された窓から
外の景色を楽しむ

デンマークの住まいの特徴のひとつは、なるべく多くの外光を取り入れるために設置された大きな窓。山がなく平坦な地形を活かし、窓は地面から天井にかけて大きく、カーテンを設置しない人が多いのだそう。そして外の景色もインテリアの一つとなり、外の景色から家の中心に向かってコーディネートを考えます。そのため、目立つオブジェやインテリアを家の中心に置かない傾向もあります。また、仕切りを少なくした間取りは、家族のコミュニケーションを促すことにつながり、それもあってデンマークではテレビを置かない家が増えているようです。

インテリアは白がベース
コーディネートはモノトーン

寒い期間が長いデンマークでは、ヒュッゲな時間を過ごすために、自宅の快適さが最も重要。インテリアは高くても良い物を購入し、大事に使用することで代々受け継がれています。デンマーク人のファッションは黒が主流ですが、インテリアの色は白がベースで、コーディネートはモノトーン傾向。白を基調としたインテリアで外光を反射させ、部屋を明るく温かくさせる効果があるんだとか。

デザインのグローカル化と
使用する素材も多様化傾向

HAYやGUBIは、デンマークのモノトーン基調のインテリアから積極的にカラーを取り入れているドレンドセッター。デンマークの技術を活かして、国内外問わず様々なアーティストとコラボレーションし、デザインのグローカル化を進めています。素材に関してもナチュラルな木やレザーなど、自然素材を使うものが従来までは多かったのですが、近年では人工素材や金属、ベルベットなどの使用も多様化しています。

  • LINEで送る