すまいみらい研究所 DNP

  • LINEで送る
 

ホームすまいみらいレポート研究員ダイアリー2

REPORT すまい みらいレポート

すまいみらいレポート

研究員ダイアリーヒュッゲな国デンマーク体験記

デンマークの“衣”

日本とデンマークとの外交樹立150年の節目に、〝ヒュッゲ〟を求めてデンマークを訪れている研究員。
デンマークのライフスタイルについて衣食住の観点からレポート致します。
デンマーク体験記の第二弾となる今回は、デンマークの「衣」についてご紹介します。
日本の生活では衣食住の順に重きが置かれていますが、デンマークでは住食衣。
ファッションについては、住まいほど重要視されていないようです。

研究員紹介

國東 千帆里

大学・大学院で心理学・認知科学・色彩心理学などを学ぶ。学生時代は内装の色彩が人間の心理に与える影響や、肌がきれいに見える壁紙の色彩などについて研究。日本色彩学会 2011年学会大会にて発表奨励賞を受賞。2012年大日本印刷グループに入社し、壁紙の企画デザインを担当。2016年より、DNPすまいみらい研究所に所属。マーケティングやプロモーションのワークを中心に、トレンド情報を発信するセミナーやプレゼンテーションを担当。

色物の組み合わせは極力避け
黒の服でカジュアルにが基本

デンマークの人たちはファッションについて、色物を組み合わせるのが難しい、怖いと考えているようです。黒を着ていれば安心でカッコイイという風潮があり、街を歩けば確かに男女ともに黒い服を着ている人が多い印象でした。フード付きの洋服がトレンドとなっていて、足元はスニーカーかフラットシューズが中心。オシャレなパンプスなどを履いている人はほとんどいませんでした。

デパートのフロア構成は日本と逆
モノトーンのアイテムが多い

滞在中に、MagasinとILLUMという2つのデパートに行ってみましたが、面白かったのがフロアの構成。日本ではショッピングは女性中心ということもあり、下の階に婦人服を配置し、上に紳士服があるのが一般的です。しかし、デンマークではその反対で、紳士服が下の階というフロア構成。売り場には黒を中心にグレイッシュでモノトーンの洋服が非常に多く、ファッションのトレンドカラーと言われるイエローを取り入れた洋服も見かけられました。

メイクはナチュラル志向
背が高くて美男美女の国

平均身長が高いデンマークの女性は、目はブルーで彫りが深くてとっても美人。さらに金髪で長い髪が特徴で、前髪を流して女性的な雰囲気でした。色素が薄いこともありメイクはナチュラル志向!濃いメイクは似合わないのだそうです。男性も背がとても高くて、顔つきも男らしい人が多いという印象を受けました。

  • LINEで送る